これで解決!葬儀 千葉の話

香典金額の相場は故人との関係で変わります。例えば「自分の親」は50,000円~100,000円です。

葬儀を自宅で行うメリットとデメリットは?注意点も解説

on 2020年10月6日

最近では葬儀を自宅で行うという遺族も増えてきています。

特に新型コロナウィルスの影響でより自宅葬の流れが加速したといってもいいでしょう。

そこでここからは、自宅で葬儀を行うメリットとデメリットについて解説していきます。

■ 自宅で葬儀を行うメリットは?■

自宅で葬儀を行うメリットの一つに「生活してきた愛着のある自宅で最期を迎えられる」という点があります。

これは遺族側にも言えることで、故人を偲びながら過去の思い出を振り返ることができます。

また「時間を気にすることなくお別れすることができる」というのも大きなメリットの一つでしょう。

葬儀場などで葬儀を行う場合は時間がある程度決められてしまうので、「時間を気にしすぎて最期のお別れが十分にできなかった」ということもあり得ます。

最期に「式場などの使用料がかからない」というメリットがあります。

式場の費用はかなり大きなものになってくるので、この「費用がかからない」というのは自宅で葬儀をする大きな利点です。

■ 自宅で葬儀を行うデメリットは?■

では自宅で葬儀を行うデメリットですが、「準備を遺族が行わなければならない」という点が挙げられます。

葬儀場を使用する場合は葬儀社などがほとんどの準備を行ってくれますが、自宅で葬儀を行う場合は参列者の対応などを遺族がしていかなければなりません。

また、「近隣住民への配慮が必要」というデメリットもあります。

こういった点は遺族の大きな負担になってくるので、自宅で葬儀を行う場合は事前にこういったことを考えておく必要があります。

▼コロナ禍の新しい葬儀に関するニュース:https://diamond.jp/articles/-/250925


Comments are closed.